calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

安藤裕子のカバー曲『林檎殺人事件』

安藤裕子『林檎殺人事件』

というわけで、再開一発目の更新は新譜の紹介!

3月2日に発売になった安藤裕子の新譜「大人のまじめなカバーシリーズ」は、彼女が2004年から不定期に発表してきたカバー8曲と新たに録音した4曲の12曲入りフルアルバム。
内容はこちら→安藤裕子HP

最近はカバー曲のリリースばかりという感じの日本歌謡界だが、このアルバムは彼女独特の歌唱と楽曲の再解釈のレベルの高さが融合して、まさに珠玉の逸品!

YMOの『君に、胸キュン』とか矢野顕子の『春咲小紅』のような彼女の個性に似合った曲はもちろん、早瀬優香子の『セシルはセシル』やオメガトライブの『君は1000%』など意外な選曲も楽しい。また鹿取洋子の『ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ』や薬師丸ひろ子の『Woman〜Wの悲劇〜』はオリジナルの完成度とは別な意味で安藤裕子的パーフェクトな仕上がり。

で、話題といえばPVに樹木希林が参加した『林檎殺人事件』! 元曲は1978年にリリースされた郷ひろみと樹木希林のデュエット曲で、人気テレビ番組『ムー一族』の挿入歌だ。

『ムー一族』は基本的には“涙あり笑いあり”のオーソドックスなホームドラマなのだが、突然生放送してみたり、近田春夫が唐突にDJを始めたり、コントやおしゃべりもあり、とにかくテレビドラマでやれる面白そうなことはすべてやってみた!というぶっ飛んだ内容だった。そのうえで演技達者な出演者と久世光彦の見事な演出が、本筋であるドラマ部分をしっかりと作り上げていた稀有な番組だった。横尾忠則によるオープニングのイラスト作品も話題だった。そうそう、クリエイションによるオープニング曲「暗闇のレオ」もすごかったー。

安藤裕子によるカバーはSUPER BUTTER DOGの池田貴史を郷ひろみ役に迎え、4つ打ちディスコ・アレンジが抜群に楽しい曲になっている。乾いたスネアの音と裏拍のハイハットの切れ味が安藤裕子の“強いのにつかみどころのない歌唱“と妙にマッチして、楽曲に素晴らしい躍動感を与えている。アレンジも担当した池田貴史のとぼけた感じもいい。

PVがとにかく最高に楽しい出来なので、ぜひ笑いながら鑑賞してほしい。



あー
テーマ:安藤裕子


The insane warrior : We Are the Doorways

フィラデルフィアのヒップホップ・ブレイクビーツのDJ、RJD2のサイドプロジェクト「The insane warrior」のアルバムが登場。

音はそのものは基本的にレトロでチープな感じだが、それで未来的なものから郷愁を感じさせるフレーズまで色々な要素を盛り込まれ変転していく様は非常に刺激的だ。

 特に3曲目「Within the Maze」は昔のビデオ・ゲーム・ミュージック(シューティングゲーム)みたいでお気に入り。

Mr.Y




評価:
Insane Warrior
Rj Elec. Connections
¥ 882
(2011-02-01)


Cut Copy : Zonoscope

オーストラリアのエレクトロ・ダンスユニットの3rd。相変わらずのゆるい80年代シンセポップ風味。今回はその世界観を深化させるような方向での強化がなされよりサイケ色が増した。

角のとれた音楽というのか、とにかく耳ざわりのいい曲が多いのでゆったり聴いていられる。ゆるいボーカルと脱力系コーラスは現在のインディ寄りの音ではあるが前述の80年代的世界観の完成度が高く、隙間を妄想させるインディロックとは異なる音楽。

アルバム後半は世界観を突き詰めながらも違うことをやりたいという感じもあり、今後のアルバムでは変化があるかもしれない。



Mr.Y

評価:
Cut Copy
Modular Interscope
¥ 1,037
(2011-02-08)


James Blake : James Blake

評価:
James Blake
Polydor UK
¥ 1,508
(2011-02-15)

各地で2011期待のアーティストに上げられているJames Blakeのフルアルバムがついに登場。昨年「CMYK EP」を紹介したが、それから若干異なった肌合いを持つアルバムに仕上がった。

やはり強烈なのはヴォーカルの使い方。tr1 - 「unluck」の静かな出足から調子っぱずれ気味に揺らいだヴォーカルが乗るところがまず耳を捉えた。ソウルフルかと思えば、ただの機械的なエフェクトにもなってしまうヴォーカルの揺らぎが非常に耳に心地よい。

EPに比べて少しエレクトロ的な装飾をそぎ落としてすぎて同じような感じになってしまってる部分もあるが、インディを通過したヨレ具合が加わったソウルフルなヴォーカルが静寂な電子音楽の海の中を揺蕩う様は新たな世界の美を感じさせる。現在の音として必聴。

Mr.Y




もう一つのグラミー、Civilization4のOPが史上初のゲーム音楽として受賞



もう一つグラミー賞の音楽ネタで、Christopher Tinの「Baba Yetu」が”Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocalists”とか言うえらく長い賞を受賞した。

この曲は知る人ぞ知る文明シミュレーションゲーム「Sid meier's Civilization4」のテーマ曲として2005年に若手作曲家のChristopher Tinによって作曲された曲なのだが、Christopher Tinはその後2009年に「Baba Yetu」を含む1stアルバム「CALLING ALL DAWNS」でデビュー。そして今年グラミー賞で受賞という長い歴史があって…ゲーム曲いってもピコピコサウンドではなく、キリスト教の賛美歌をスワヒリ語に翻訳し壮大なオーケストレーションを施した曲で、人類の歴史をプレイするCivilizationにふさわしい曲だ。

しかし作者のサイトでMP3を拾って他人の車とかで聴いてた2005年当時からこんな展開をするとは全く予想できなかったが、その間海外では学校のコーラスで歌われたりゲーム音楽祭でも奏でられていた模様。ゲーム自体も海外のほうが圧倒的に人気の高いゲームだが(ゲームにグラミーがあれば普通に受賞するであろう作品だが)日本では全く実感できない。海外ではこんなところまで普通に注目し賞が与えられるのかと思うと、その視点の広さ深さには驚くばかりだ。

 

Mr.Y


Arcade Fireがグラミー最高賞を受賞

先日、このブログで2010年の各種メディアランキングを集計した「メタランキング」を発表したが、そのランキングで1位になったArcade Fire 「The Suburbs」が『第53回グラミー賞』の最高賞である「年間最優秀アルバム賞」を受賞した。

各メディアの2010アルバムランキングでも上位に来るなど有力な作品だったが、今年はUKロックやメインストリームなアーティストの強いrockin'on誌までもが1位に推す始末。グラミー賞もこの流れに乗った形になった。

受賞の経緯として”大穴”とされているが、1stの「Funeral」からグラミー賞ノミネートの常連だっただけに今年の盛り上がりを見ると必然の流れかな、という気も。レーベルこそインディペンデント・レーベルのMERGE RECORDとはいえ、もはやインディとは言えなくなったArcade Fire。来るところまで来てしまった感はあるが、インディ的スタンスで今後も活動できるだろうか。

こうした状況においても、恐らく日本では殆ど知られていないと思われるので、簡単な来歴を。カナダのモントリオール出身のバンドでWin ButlerとRegine Chassagneの夫婦を中心にした結成されている。サポートを含めて7人〜の大人数構成で、ヴァイオリンやアコーディオンから変わり種楽器まで楽曲に合わせた編成を取る。(通常のギターロックバンド構成ではない辺りが日本で受けないところか)

2004年に出た1stアルバム「Funeral」(葬式の意)は隣人の死がテーマになっており、各メディアで絶賛された。楽曲は生と死、文明批判、宗教的内容などを含んだ詞と(ここも日本うけしないところか)繊細な男女のツインボーカルを包むような繊細なオーケストレーションが特徴。さらに情熱的なライブパフォーマンスが評判になり、2011年には世界屈指のフェスティバル「コーチェラ・フェスティバル」の二日目のヘッドライナーも決定済。アーティストのファンも多く、U2が世界ツアーの開演前のSEに「Wake Up」を使ったり、デヴィッド・ボウイやブルース・スプリングスティーンとの共演なども行われている。



映画「かいじゅうたちのいるところ」の予告編BGMにも使われた「Wake up」


最初EPで発表後、アルバム「Neon Bible」で再登場した「No Cars Go」


グラミー賞受賞アルバム「The Suburbs」アルバムタイトル曲


関連記事
2010洋楽年間ベスト10まとめ rockin'on編
2010 洋楽年間ベストアルバム10まとめ メタランキング編
2010 洋楽年間ベストアルバム10まとめ ランキング編

Mr.Y


評価:
Arcade Fire
Merge Records
¥ 1,030
(2004-09-14)

評価:
Arcade Fire
Mercury
¥ 1,359
(2007-03-05)

評価:
Arcade Fire
Merge Records
¥ 1,037
(2010-08-03)


Iron & Wine : Kiss Each Other Clean

 USインディフォークの代表格に成長しつつあるIron & Wineの4th。どちらかと言えば素朴でシンプルだった楽曲に、ほのかにエレクトロ的な音が加わり柔らかさはそのままでより幅の広い世界観を打ち出してきた。

それに抑制の効いた美しい歌声。Sufjan StevensやAndrew Birdもそうだが情熱的でありながら箍が外れる事はなく、それでいて力強い。決して押し付けがましい自己主張な強さはなく、ささやかなではあるが確かな意思を感じる声。

アメリカ土着的な音楽性ではあるものの、この音楽の暖かさは世界共通のものがあると思う。じわじわと少しづつ少しづつ広がってほしい音楽だ。

Mr.Y



評価:
Iron & Wine
Warner Bros / Wea
¥ 902
(2011-01-25)


…And You Will Know Us By the Trail of Dead : Tao of the Dead

えらく長い名前のバンド名ですがTODって訳される事が多いオースティン出身の7th。オルタナ、エモ、プログレッシヴとジャンル的にはいろいろ言えそうなバンドですが、音の方はそんなややこしくない。ジャンル分けがいかに不毛な作業かということを感がさせてくれるバンドだ。

分厚い音の中を上下左右に疾走するジェットコースター的なサウンド。そこを一貫して力強くも情熱的なボーカルが煽り続ける。若干中東的な香りのする世界観は上手いアクセントになっているがその本領はやはりドラマチックなメロディ。

複雑なことをやっていても芯はしっかりストレート、なおかつ楽曲全てを高度に纏めてしまうセンスに脱帽。快作と言えるだろう。

Mr.Y



評価:
And You Will Know Us By the Trail of Dead
Superball Music
¥ 1,393
(2011-02-08)


Cloud Nothings : Cloud Nothings

クリーブランドのローファイ・ポップ・アーティストDylan Baldiが率いるCloud Nothingsのセルフタイトルアルバム。

とにかくストレートに青く、しょぼく、そして性急だ。甘めのメロディが常に性急に展開される様は若者らしい生き急ぎ感プンプン。エネルギーを感じられる楽曲揃いだ。

ただまあ単調さは否めない、けどその勢いもまた魅力なのだが。

Mr.Y




Destroyer : kaputt

the New PornographersのフロントマンDan Bejarのソロプロジェクト、Destroyerの新譜はずいぶん面白い手触りの作品になった。

ホーンを多用して大人ムードを醸しつつも、一方ではエレクトロなキラキラ音もなりつつ。新しいという言葉が似合わない新しさがあるアルバムになった。パーツパーツはよくあるサウンドなので別に新しさを感じさせないが、その使い方がずいぶん面白い。

といっても、よくインディーサウンドにある「無理やり組み合わせてみましたなんか変だけど新しいでしょ?」みたいなものは一切無く、「別にそんな難しく考えなくてもいいじゃん」とあっさりと提示されるのだ。

ゆったりしたい時に是非おすすめの一枚。

Mr.Y



評価:
Destroyer
Merge Records
¥ 2,000
(2011-01-25)


<< | 2/5PAGES | >>