calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?



AKB48を語る時に「よく知らないのだが」とか「ファンというわけではないが」という常套句を枕詞に、的外れの持論を展開する輩が大発生してるわけだが、知らないなら語るなよウゼーから、といつも思う。

よく知ってるからこそ楽しめるものというものは世の中にたくさんあって、門外漢にはちっともピンと来ないなんてのはどこにでもある話。ピンと来ないからといって大げさに揶揄したってなんの意味もない。これはエンタメであって、国民がどうしても語らなければならない政治とか生活の問題じゃない。

なんでこんなことを書くかというと、本作はAKB48をよく知ってる人やファン以外の人が劇場に足を運んでも、作品そのものの良し悪しが全く判断できないと思うからだ。生半可な知識でこの映画を観ても、なにがポイントなのか、ほとんど理解できないだろう。なので興味のない人はぜひ「観ない・語らない」という選択をしてほしい。

物語はよりディープになり、HKTと初顔合わせのあとSKEの中西優香のもとで嗚咽する指原、恋愛禁止について語る菊地あやか、増田有華の活動辞退発表の影で泣き続ける大島優子、前田敦子卒業の裏側でさまざまに交錯する各メンバーたちの思い…こういったシーンの数々は、個々人のプロフィールを知らないと共感するのは難しい。しかしAKB48をよく知る人にとっては、これほど重い内容もない。

映画は、もはや楽しいシーンなんて”りのりえコント”くらいのもので、あとはひたすら過酷な少女たちの葛藤が描かれていく。

過酷なシーンの連続の中でも特に、平嶋夏海の辞退報告の舞台裏でむせび泣く戸賀崎支配人の姿と、「私たちの恋愛は誰からも応援されない」と語る高橋みなみの表情は、とてつもなく重く哀しい。ともにAKB48の屋台骨を支える重要メンバーである二人が、自らが構築するシステムに翻弄されていく姿を残酷に切り取っている。

東京ドームの舞台裏で、衣装や髪を直しメンバーに出番を指示しながら声を上げて泣くたかみな、移動通路の途中で泣き出し座り込む峯岸、前田に卒業を思いとどまらせようとする篠田、唐突に卒業を発表する板野、総選挙の結果にショックで泣き崩れる高城や光宗、組閣で昇格できずに号泣する研究生、ルール違反で辞めていくメンバーたち…。

映画は、苦労も悲しみもすべては立ち位置0=センターを目指すため!という作り方をして、一応の落とし所を作ってはいる。しかし実際は在籍メンバー全てがセンターを狙えるわけではなく、それはこの若さにして自らの可能性の限界を知ってしまうということでもある。行くも退くも地獄というある種異常な芸能世界の有り様を、冷静に見つめ撮り続ける高橋監督の眼差しは、敗れ去る者たちへの慈愛に満ちている。

<Raiting>
前作は過酷な内容であっても戦場映画のカタルシスのようなものが確かにあった。圧倒的な輝きがあった。今回はそういうピントの山はないが、夢を追い夢に敗れる少女たちのリアルな姿を丁寧に追った。これはもはやアイドル映画でもなんでもない。AKB48という素材を用いて魂の葛藤を真摯に描いた、高橋監督の哲学が反映された見事なドキュメンタリー作品だ。(しかし八割方みたことのある映像というのはいちじるしい萎えポイント…)


<Trailer>


あー
テーマ:映画館で観た映画
DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?@ぴあ映画生活

テッド(Ted)

 テッド

封切りからだいぶ経って、面白い面白いと散々聞かされたあと、やっと観に行ったのだが、確かに面白かった!

最初は、いつまでたってもガキのままの彼氏にいらついて「テッドを追い出せ!」なんて言う糞彼女にムカツイていたんだけど、この世界の住人はテッドを異物、もしくはある種の社会不適合者として見てるのではなく、あくまでも独立した人格として普通に認めているということなんだと気づいてからは、この愛おしいぬいぐるみがさらに魅力的に見えてたまらなかった。

たいていのこの手のファンタジーに出てくる”もの”は、妖精でも宇宙人でもなんでもいいんだけど、僕らが守ってやらなければいけない存在、庇護者を必要とする存在なんだけど、このテッドはちゃんと仕事について昇進もするほど社会的能力に長けている。頭もいいしハートも強い。だから「家から出ていって!」ってのは死の宣告みたいなもんじゃなく、本当にリアルな悪友を追い出す感覚であって、テッドという明らかに異質な生き物をなんの憐憫もなく、まるごと認めてる。

同情も、過剰な偏愛もなく、リアルな幼馴染として、主人公とテッドはイーブンの関係で固く結ばれている。だからこそ彼女も真剣に悩みいらつき感情を爆発させるのだ。だからこそ主人公が「お前なんか現れなきゃよかった!」と吐き捨てた時、テッドは悲しみに暮れて消え入るのではなく、ボコボコに主人公を殴るのである。殴って殴られて、それでも二人の友情はこれっぽっちも傷つかない。もう涙腺崩壊である。

この普遍的な、親友と恋人と自分の関係を描くのに、古今東西の差はない、ぬいぐるみだろうが赤鬼青鬼だろうが、もうなんだっていいのだ。こんな関係、こんな友情に僕らはひたすら憧れるのである。

<Raiting>
アホだけど心優しく実直な役がとにかくハマるマーク・ウォルバーグと、『ブラックスワン』で素晴らしい演技を見せたミラ・キュニスは、荒唐無稽なストーリーであるにもかかわらず、見るものに必然性を感じさせる丁寧な演技で、作品の完成度を見事に高めていた。文句なしに面白い作品だ。ただ町山智浩の翻訳はちょっとやりすぎで、何度か興醒めする場面も…。まあそれなりに言い分もあるようだが→http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20130120


<trailer>


あー
テーマ:映画館で観た映画
テッド@ぴあ映画生活

アウトロー(Jack Reacher)



トム・クルーズといえばマイケル・マン監督と組んだノワールものの傑作『コラテラル』(2004年)が印象的だ。あれもシビれるような辛口映画だったが、本作はさらに骨太な内容となっている。

元陸軍の優秀な捜査官ジャック・リーチャーが、大量殺人の裏に潜む真実を冷徹に暴いていくという内容だが、トム・クルーズの抑えた演技と緊張感のあるリアルなアクションで、見事な作品となった。

監督は『ユージュアル・サスペクツ』で珠玉の脚本を描き上げたクリストファー・マッカリー。ジョニーデップ主演の『ツーリスト』があまりに糞作品だったので心配だったが、今作では監督・脚本を担当し見事な手腕を披露している。『ツーリスト』ももともとトム・クルーズ主演で話が進んでいた作品だし、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』もすごく面白い作品だったので、トムとの相性が抜群なのだろう。

コラテラルがカミソリの切れ味なら本作はナタのようなずっしりと重みのある切れ味。とにかくジャック・リーチャーの人物設定が抜群にいい。住所も連絡先もなく放浪者として生きるジャック・リーチャーの信条はただひとつ、正義を貫くことのみ。ラストのバスのシーンなんてシビれまくり!

共演者も充実していて、名優ロバート・デュヴァルはもちろん、敵ボスのヴェルナー・ヘルツォーク(ドイツの映画監督)の際立った個性は必見。ヒロイン役のロザムンド・パイクもはまり役で、このコンビで続編を1本観たい感じ。 

日本での一般的なトム・クルーズ像って薄っぺらいセレブ役者のように思われてるフシもあるけど、この人ぐらい映画好きのツボを心得てる俳優(兼プロデューサー)もなかないないと思う。スタイリッシュなSFからド変態映画、そして本作のような映画らしい映画まで、すこぶるハイレベルな作品に仕上げてくる。次回作を常に期待してしまう数少ない俳優だ。

<Raiting>
謎解きは案外あっさりしたもので、物語もシンプル。オールドスタイル(意図した)ではあるが劇場映画はこのぐらいが気持ちいい。全体を貫く硬質な雰囲気、カーチェイス、臨場感あふれる映像など、文句なしに満点。


<Trailer>


あー
テーマ:映画館で観た映画
アウトロー@ぴあ映画生活

評価:
フランク・ダラボン,チャック・ラッセル,ロブ・フリード,ピーター・ジュリアーノ,スチュアート・ビーティー
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
¥ 1,685
(2012-09-14)


Animal Collective:Centipede Hz

(文責)S John

メジャーな音楽シーンでも一定の評価を得た「Merriweather Post Pavilion」より3年。USインディーの雄「Animal Collective」の新譜「Centipide Hz」がリリースされた。

直訳すると「動物の集団」となるこのバンドの歴史は、動物の集団がどれくらい人里に近づいてきたか、と言うことに尽きると思う。初期作品から「Here Comes the Indian」までは完全に人跡未踏のジャングルを縦横無尽に暴れまわっていたので、先鋭的で自由な「音」は評価されていたのだが、基本的にはカルトなアンビエントサウンドとされていた。その後「Sung Tongs」「feels」「Strawberry Jam」とアルバムを経るごとにだんだんポップにわかりやすい旋律を備えるようになってきて、「Merriweather Post Pavilion」ではついに人里にたどりつき、人々の評価を得ることとなった(ちなみにその次に出た「Fall be kind EP」ではそのさらに先を目指していたようだ)。

とは言え、彼らは結局「Animal」なので、やはりジャングルに生きてこそで新譜の評判を最初にきいた時には「原点回帰!」みたいなことが書いてあったものだから、また「Here Comes the Indian」以前のジャングルライフに戻ったのかと思ったが、実際は「Strawberry Jam」くらいしか戻っていなかった。電子音の柔らかい音使いから、トライバルな生音中心に戻ったが、ポップスとしての完成度は変わらず。あのアンビエントなジャングルへの帰り道はまだまだ長く果てしないものになりそうだ。

曲のレビューとしては1曲めからひたすらくり返しを多用した「Strawberry Jam」風味のポップスが続き、中盤からはだんだん硬質な曲が増え「Merriweather Post Pavilion」を通過した後のサウンドであることが窺える。個人的にはエスニック色の強いラスト3曲がお気に入り。最後の1曲はいつも祝祭的な曲なのだが、前アルバムの「Brothersport」には及ばないまでもシャウトの気持ち良い曲に仕上がっている。

とりあえず程良い壊れ具合が心地よい今回のアルバム、前のアルバム以上に洗練されることがなくてある意味ホッとしたが、もう少しぶっ壊れてもいいかなと、そう「feels」くらいに。




テーマ:今聞いてるオススメの洋楽は?

評価:
Animal Collective
Domino
¥ 856
(2012-09-04)


悪の教典

悪の教典

学校内で大量殺戮を行うスプラッター作品。原作も人気だし、映画の前評判も高かったが、実に見応えのある面白い作品に仕上がった。

サイコパス絡みの作品というのは外国作品を中心にスプラッター / ホラーの定番でもあるのだが、学校内で生徒達が一方的に次々と殺されていくハードな描写は、現代の邦画の表現限界のなかでは喝采ものだ。こういうボーダーラインの絶妙な超え方はさすが三池崇史監督だ。

サイコパスというのは自分に利することだけが行動原理であり、その利己的な思いを満たすことがすべてに優先する、というもの。他人に対する共感力がそもそも欠如しているらしく、目的遂行に際して良心の呵責などがない。だからといってその病質を持つ誰もが殺人を犯すわけでもないのだが、”身近にいてもわからない異常人格者”という怖さはある。

その怖さを主演の伊藤英明は見事に演じている。前半部分では伊藤英明のパブリックイメージも幸いして、蓮実聖司というモンスターの異常性が自然にクローズアップされていく。そして蓮実がゾーンに入ったときの瞳孔の開きっぷりなどを含めて、後半はこれまでのイメージを打ち破る演技力を見せる。

『海猿』のイメージが強すぎて平凡な青春スターという評価止まりだった伊藤英明の役者としての価値が、本作で上方修正されたと思う。作品選びも抜群にうまいので、よっぽど良いプロデューサーがついているのか、本人のスキルが世間の認識より桁外れなのか、いずれにしても今後が楽しみな役者となった。

出演者は豪華の一言。生徒役は『ヒミズ』のベネツィア受賞コンビ染谷将太&二階堂ふみを中心に、『桐島、部活やめるってよ』の浅香航大&松岡茉優、『バッテリー』の林遣都、ダルビッシュの弟KENTAやFlowerの水野絵梨奈まで、めぼしい若手俳優全部集めました的なキャスティング。

山田孝之や平岳大といったド変態役者に加えて吹越満や山中崇まで出てるとなると、個人的には園子温に撮ってもらいたかった、という気にもなるが…。

物語はストレートで、この手の映画作品としては凡庸でもあるのだが、なんのフックもなく逮捕されてしまうラストシーンを、「続く!」という印象的な結末が救っている。サイコパスものとして喧伝されているが、実は人格の転移を含めてオカルト的な作品だ。似たようなTVドラマもあったが、全体的にはこれはこれで十分個性的だし説得力もある。

それにしても、映画化不可能とまで言われた長い原作をコンパクトにまとめたうえで、これだけ大人数の役者を自在に操って破綻のない作品を撮り上げた三池崇史監督の手腕には脱帽だ。エンターテインメント作品としては極上の部類だと思う。感動とか深みとかあるかどうかは別にして、とにかく面白い!

<Raiting>
邦画レベルとしては満点の出来といってもいいのだが、個人的には映像的に新鮮味がなかった点が惜しまれる。ショットガンの銃撃音などサウンド的には工夫もあったが、題材的にはもっとブチ切れた斬新な映像が観たかった。三池監督にはそれが出来るはずだという期待もあった分だけ1ポイント減点。


<Trailer>


あー
テーマ:映画館で観た映画
悪の教典@ぴあ映画生活


009 RE:CYBORG

009 RE:CYBORG

観終わった瞬間にまた最初から観たくなった。とてつもなくかっこいい新しい009の誕生だ!

制作がProduction I.Gで監督が『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』の神山健治とくれば、どうしたって”あの造形とあのトーンとあの音楽”をすぐさま連想するが、まさしく本作は冒頭から”攻殻機動隊の造形と独特のクールなトーンと鼓膜を刺激する音楽”で始まる。

封切り前からProduction I.Gの造形について賛否が交錯していたが、出来上がった作品をみれば、これほど完璧にハマったデザインもないと思う。

『サイボーグ009』はもともとスタイリッシュな石ノ森章太郎のSF作品群の中でも、ズバ抜けてクールでスタイリッシュな作品だったが、現代のアニメーション技術の世界的水準を考えれば、オリジナルのアニメチックな造形をリアルなモデリングで再構築することは必然だったと思う。

幼い頃に単行本で読んで以来、009のかっこ良さに圧倒され続けている身としては、オリジナルデザインの素晴らしさは重々理解しているが、はるか昔に憧れた奴らがさらに100倍くらいかっこよくなって目の前に現れた感じだ。

009の覚醒のために六本木ヒルズにダイブする003から始まって、005の戦闘シーンや002の凄まじい飛行シーンに釘付けになっていると、それらすべてをはるかに凌ぐ009の超絶アクションが始まった瞬間、おもわず座席で「かっこいぃ…」と声を漏らしてしまった。

ドバイ上空でジェットと遭遇するシーン、核爆発の衝撃波を超える加速で走るシーン、004や006がてこずる敵軍を一瞬にして全滅させるシーン…、ド派手な戦闘能力ではなく加速という特殊能力を009に与えた石ノ森章太郎のセンスは今でも十分に驚嘆に値する。009はやっぱりとてつもなくかっこいい!

唯一、ちょっと気になるのが、009自体を知らない層にこのスタイリッシュな傑作アニメがどこまで響くのかということ。本格的なリブート作品から始めてもよかったかな、という感じもある。リブートものと続編と、とにかく神山監督にこのテイストで何作か撮ってほしいと思う。

<Raiting>
これじゃまんま『攻殻機動隊』じゃないかという批判の声もあるが、そういう人は観ないという選択をするしかない。これはあくまでもProduction I.G版009なのだから。009はさまざまな作品がDVD化されているので、自分にあった009を探して楽しめばいいと思う。個人的評価は満点!


<Trailer>


あー
テーマ:映画館で観た映画
009 RE:CYBORG@ぴあ映画生活

<< | 2/28PAGES | >>