calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

アイドルを何から語るかどこから見るか!!??<その1>

Podcastを聴いてたらタマフルのサタデーナイトラボで面白い企画をやっていたのでピックアップ。

内容は「良質なアイドルソング特集」と題して、完全在宅主義ヲタ(コンサート等に行かないアイドルファン)で有名な「Base Ball Bear」の小出祐介が個人的に選んだベストアイドルソングを紹介している。

小出祐介氏はハロプロでアイドルにハマったそうで、アイドルの一側面(楽曲評価)を強調しすぎる部分もあるが、ミュージシャンとしての細やかな視点は相当面白かった。小出氏の2012年ベストアイドルソングNO.1は乃木坂46の『制服のマネキン』だとのこと。

ちなみにBase Ball Bearはこんなかんじのバンド↓

『初恋』(Base Ball Bear)



以下、小出氏による選曲の紹介。

 『POP SONG 2U』(Tomato n' Pine)


惜しまれつつ解散してしまった『Tomato n' Pine』は楽曲の良さで評価されたグループ。プロデュースはアゲハスプリングス。さんまのヤンタンで長らくアシスタントをつとめていた”あの玉井健二”が代表を務める売れっ子プロデュース集団である。


 『One Love』(Fairies)


イントロもアウトロもなくすぐ終わるところがいい!と小出氏。ファンがExtended Ver.を勝手に作りたくなるような、もうちょっと聴きたい感が秀逸だというので、探したらすでにあった(笑)。Fairiesの素晴らしい曲とパフォーマンスは確かにナメられない。


『iの奇蹟』(ひめキュンフルーツ缶)


愛媛の地方アイドル。アイドル界のアジカン(小出氏)という2000年代J-ROCKのアイドル解釈版とのこと。アプローチとしてはありがちだけど、はみ出し方が尋常じゃない。


『悲しきヘブン』(℃-ute )


ビジュアルもパフォーマンスも超一級品なのにブレイクしない型アイドルの代表『℃-ute』の19thシングル『会いたい 会いたい 会いたいな』のカップリング曲。天才型歌姫”鈴木愛理”とダークホース”岡井千聖”によるダブルボーカルは、アイドル版”Public EnemyのParty for Your Right to Fight"(宇多丸氏)。”踊ってみた”で本物のアイドルの別格感&凄みを見せつけた岡井ちゃん大フューチャーの1曲。℃-uteはつんく♂の元を離れればどれだけ伸びたか…いまさら遅いが。


 『制服のマネキン』(乃木坂46)


小出氏の分析、特に「恋愛禁止条例へのアンサーソング」という歌詞分析を聞くと確かに納得出来るのだが、南流石の振付が圧倒的にかわいくないので個人的にはイマイチ。ただ曲作りは物凄くレベルが高い。

※オレ的乃木坂NO.1ソングは『ハウス』↓



「ナイトライダー」(エスペシア)


掟ポルシェ大絶賛のバブルサウンド&ケバいビジュアルが特徴の異色アイドルグループ。Jazz Funkの匂いもあり夜遊び感もあって”おっさん殺し”(宇多丸氏)。東京女子流が変な方向にぶっ飛んだ感じがあって面白いが、ここまでいくとちょっと一般層との乖離が大きく、コアヲタ特有の狭いところを掘っていく感じが強い。でもサウンドはそうとう本格的。


『チョッパー☆チョッパー』(アップアップガールズ(仮))

ハロプロを擁するアップフロントエージェンシー所属のグループ。ハロプロエッグを首になったメンバーで結成されておりハロプロには所属していない。スキルと底力がすごくある(小出氏)。圧を感じるほどの熱気を帯びた高速BPMが特徴(歌丸氏)。苦難の道を歩んでるとはいえ、つんく♂プロデュースを逃れられたことは幸運でもあると思う。

小出氏の良いアイドルソングの定義は「本人のキラキラ感と楽曲のキラキラ感の一体化」。キラキラ感ってなんだ?ってのはまた人によってさまざまな解釈があるわけだが、結局はいい曲じゃないとだめだよね、という結論は素直に同感する。曲のフックが弱くて全然売れなかったアイドルや女優やタレントやグラビアアイドルは掃いて捨てるほどいるし。

可愛いだけじゃやっていけないのがアイドルであり、可愛いことが成功の約束手形でもないのがアイドルの難しいところ。逆にそれほど可愛くなくてもトップアイドルになれる人間もいるのがアイドルの面白いところでもある。

ついでに、今日のオレ的アイドルソングNO.1はSKE48の『オキドキ』。イントロのキックのサウンド&タイミング、振付のシンクロ感だけで満点!


あー


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック