calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

アウトレイジ ビヨンド

アウトレイジ ビヨンド

アウトレイジの続編!深夜のバルト9は輩(やから)ばかりで超満員。本作もそうとう面白い!

前作はすべてのシークエンスがアイデアに満ちていて、異常にボルテージの高い作品だった。椎名桔平のとてつもなく研ぎ澄まされた演技と個性的な役者を揃えて、ヒリヒリする北野ノワールを見せてくれた。

今回はストーリーに軸を置き、ヤクザ社会の裏切りと騙し合いにひとつの落とし前をつけた。俳優陣は西田敏行を始め大物がゾロゾロ。前作とは違った重厚さが加わり、また別の味わいのアウトレイジワールドが展開される。

派手なカーチェイスや爆破シーンやエロはほとんどなかったが、物語をここで完結させるためのさまざまな仕掛けが見事にはまり、あっという間に見終わってしまった。各陣営の複雑な動きやバイオレンスシーンをもっと観たかった。どうせ本作で打ち止めならこの内容で前後編2作にしてほしかった気もする。

衝撃的なラストシーンは座席でビクッと体が浮いた。そもそも大友は出所後に韓国フィクサーを頼ったのをみても、山王会に復讐する気があったわけではない。片岡や木村に引きずられるように暴力の世界に舞い戻り、ある課せられた役割をまっとうしただけだ。ラストシーンも大友が計画的に片岡を始末したのではなく衝動的に引き金を引いた。木村の葬儀で大友に花菱会と山王会を始末させようと誘導する片岡に対し、調子に乗んじゃねーぞコノヤロー!(映像では無言だが)と突発的な怒りを発する。
計画的ではなかったが一度動き出せば誰よりも仕組みが見えていた大友。その凄みをたけしは哀愁を漂わせながら見事に演じた。北野武の演技は常に賛否両論あるが、個人的にアウトレイジ2作のたけしは素晴らしい演技をしていると思う。

脂ぎった巨軀を揺らしながらドスの利いた演技をみせる60歳以上の俳優も全員カッコよかった。オヤジだからこそかっこいいという世界が確実にある。

すべての俳優が極めて気の入った演技を見せ、カット割りや映像もスタイリッシュで、鈴木慶一の音楽も素晴らしかった。

<Raiting>
心配なのは片岡の死体を目にしていないこと。「いや〜ほんとに撃たれたと思いましたよ〜、先輩も冗談きつい」なんつって続編作らないでほしいw 映画館で観る価値あり!


<Trailer>


テーマ:映画館で観た映画
アウトレイジ ビヨンド@ぴあ映画生活

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック