calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

ポテチ

ポテチ

伊坂幸太郎の「フィッシュストーリー」!
 ゴールデンスランバーの中村義洋監督!
濱田岳&大森南朋!、さらに音楽は斉藤和義!

と、大げさに盛り上がってる方々に水を差すようで申し訳ないが、お金を払って鑑賞する劇場用映画作品としては、はっきり言ってそこまで手放しにお薦めできない…というのが率直な感想。

本作は『宮城・仙台で、できるだけ早く、また皆で映画を作る』という思いのもとに製作されたそうで、だから68分という上映時間の短さも『逆に皆の思いが凝縮された珠玉の1本』なのだという。

べつに短くてもいいし、制作側がいかなる思いを込めて作ろうが自由だ。さらにいえば金を払って観るも観ないもこっちの自己責任ではある。しかし「これで1300円も取るなよ〜(;_;)」というのが本音。真面目に金を払って劇場で鑑賞した身にとっては、「これ、ペイテレビで315円とか、テレビドラマ1時間SP程度の作品だよなあ」という感じ。

話は申し分なく『いい話』だし、ちゃんと感動できる。人物描写も描き分けがすっきりしていて、役者の芝居もそれぞれが持ち味を出している。冒頭の”健康診断”というフックで、ほぼ初めからネタバレはしてるものの、短編としてはすこぶる優秀だと思う。

しかしこれ一本で劇場に掛けるのはきつい。これほどチープな作りを許容するのであれば、それを逆手に取って短編2本立てとか出来なかったのだろうか。これだけの陣容であればワンカメ&粗編集でも高レベルな作品が作れそうだが。

<Raiting>
作品としてはとても良い出来だったが、有料の劇場用作品としてはあまりにも淡白。そこが残念。 しかし登場まで引っ張りまくった正義の人=尾崎が鬼丸兄弟だったのには笑った。DVDで観るなら星4つ! 
評価:
---
角川エンタテインメント
¥ 3,400
(2009-10-23)

評価:
---
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 4,472
(2010-08-06)

評価:
---
アミューズソフトエンタテインメント
¥ 3,618
(2008-01-25)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック