calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

長ぐつをはいたネコ(PUSS IN BOOTS)



予告編の出来が良かったので、公開前から期待の大きかった1作。

3Dと字幕は最悪の取り合わせなのだが、竹中直人の吹き替えがさらに最悪だと聞いていたので字幕版をチョイス。しかしアントニオ・バンデラスもサルマ・ハエックも、当然とはいえ絵柄から想像される雰囲気とは真逆の渋い声で、これはこれで趣があっていいかもしれないが、やはりアニメ声のほうがよりフィットしていたかもしれない。これじゃ竹中直人と大して変わらないかも。

だがそんなことはどうでもいい、しょっぱなから、猫かわゆす(=^・^=)

カッコつけててもミルクをペチャペチャなめるところや、動くものならシチュエーションを問わずなんでも追いかけてしまう猫らしさに、猫好きなら冒頭から大満足!

キャラクタ設定、CGのレベル、3Dの出来など、さすがドリームワークス!という素晴らしい面も多かったが、ストーリーがいまひとつ盛り上がらず。「かわいいからいいじゃん」という客以外には評価がちょっと厳しい作品となってしまったようだ。

<Raiting>
アニメなんだから3Dとはいえ、もう少し明るい映像で観たかった。映像の出来は素晴らしいのでDVDで何度も楽しんだほうがいいかもしれない。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック