calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

キネマ旬報2011年ランキング『2011年日本映画ベスト・テン』

引き続きキネ旬の日本映画ベスト・テンと個人賞をご紹介。あっさりいきます。

【2011年日本映画ベスト・テン】

■1位:一枚のハガキ
■2位:大鹿村騒動記
■3位:冷たい熱帯魚
■4位:まほろ駅前多田便利軒
■5位:八日目の蝉
■6位:サウダーヂ
■7位(同率):東京公園
■7位(同率):モテキ
■9位:マイ・バック・ページ
■10位:探偵はBARにいる

----------------------------------------------------------

【個人賞】


■日本映画監督賞:園子温
「冷たい熱帯魚」「恋の罪」

■日本映画脚本賞:荒井晴彦、阪本順治
「大鹿村騒動記」

■主演女優賞:永作博美
「八日目の蝉」

■主演男優賞:原田芳雄
「大鹿村騒動記」

■助演女優賞:小池栄子
「八日目の蝉」「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」

■助演男優賞:でんでん
「冷たい熱帯魚」

■新人女優賞:忽那汐里
「少女たちの羅針盤」「マイ・バック・ページ」

■新人男優賞:松坂桃李
「アントキノイノチ」「僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.」

■外国映画監督賞:王兵(ワン・ビン)
「無言歌」

『マイ・バック・ページ』と『探偵はBARにいる』はあまり期待してなかった分、すごく面白かった。『冷たい熱帯魚』を含めて、邦画が伝統的に持つ良い部分を再認識させるようなスタイルは今後の邦画が行くべき道を示してしているようだ。


あー
テーマ:映画賞・映画祭


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック