calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

第54回(2011年)ブルーリボン賞

2011年度のブルーリボン賞が1月24日に発表になった。

ブルーリボン 賞というのは東京のスポーツ7紙(スポーツ報知・デイリースポーツ・サンケイスポーツ・東京中日スポーツ・東京スポーツ・スポーツニッポン・日刊スポーツ)の映画担当記者が選出するもの。日本映画の賞としてはキネ旬賞などにならぶビッグアワードだ。

【第54回ブルーリボン賞】

■作品賞:冷たい熱帯魚(園子温監督)
記事「冷たい熱帯魚」を参照。
好き嫌いは激しく別れる内容、描写だが、とにかく面白かった。賛否両論あるラスト10分だが、説明的ではないところも含めて個人的には◎。

■主演男優賞:竹野内豊(太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−)
作品を観てないので賞についてはノーコメント。 役者として役柄的にも年齢的にも難しい時期だと思うが、役者一本でやっていこうという気概は伝わってくるので、作品選びにもっとチャレンジして欲しい。タイ映画とか合いそうだが。

■初演女優賞:永作博美(八日目の蝉)
記事「八日目の蝉」を参照。
作品自体は中盤以降テンポが悪くて退屈だったが、永作博美は小池栄子と共に良い演技をしていた。

■助演男優賞:伊勢谷友介(あしたのジョー、カイジ2〜人生集団ゲーム〜)
どうも伊勢谷友介という役者とは相性が悪いようで、どの作品を観てもピンとこない。『十三人の刺客』でのあれほど粗野な役でもツルンとしていて引っかかりがなく、伝わってくるものがなかった。あしたのジョーは作品自体ひどいものだったが、あの肉体作りに一票というところか。

■助演女優賞:長澤まさみ(モテキ)
記事「モテキ」を参照。
文句なし。この作品以降、テレビなどでも吹っ切れた感じがあって、よいターニングポイントになったようだ。今後も幅広い役柄に挑戦してほしいと思う。

新人賞:芦田愛菜(うさぎドロップ、阪急電車 片道15分の奇跡)
TVドラマ『マルモのおきて』は面白かったけど…。まあ話題賞的なものか。

監督賞:新藤兼人(一枚のはがき)
99歳ですからね。凄いの一言。

外国映画賞:ブラック・スワン(ダレン・アロノフスキー監督)
記事「ブラック・スワン」を参照。
間違いなく良い映画だったけど、秀逸な小品という感じで賞取りには案外弱いかなと思っていた。

■特別賞:原田芳雄
昔は無骨すぎる演技がちょっと苦手だったが、晩年はテレビも含めて役者として素晴らしい仕事をしていたと思う。


あー
テーマ:映画賞・映画祭


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック