calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−(The Devil's Double)

デビルズ・ダブル

フセイン大統領の息子ウダイは手の付けられないドラ息子。というより完全にタガが外れた狂人だ。そんなウダイの影武者を命じられたラティフという男の物語。実話を元にしているとのこと。

フセイン大統領といえば世界中からその悪行三昧を糾弾された男だが、そのフセインをして「生まれたときに殺しておけばよかった」といわしめたほど、ウダイの暴虐は凄まじい。その極悪非道の数々はググればいくらでも出てくるので、ここでは割愛する。

影武者という役割それ自体がとてつもないストレスを伴うと思うのだが、こんな狂人の影武者を命じられたらラティフじゃなくても逃げ出すだろう。一緒にバカやっちゃえばいいじゃんとか、女もヤクもやり放題でおいしいじゃんとか、そういうレベルではないのだ。

フセイン政権が倒されたのは誰でも知っている歴史的事実なので、結末をいってもネタバレにはならないだろう。結局ウダイは死んだ。死んでよかったとつくづく思う。世襲で政権移譲が行われていたらどんな恐ろしいことになっただろうか…。

「誰が今頃イラク絡みの映画を見に行くのか?」と心配していたのだが映画自体は面白い。評判もなかなか良いようだ。ドミニク・クーパーは素晴らしい演技で見事に一人二役をこなしている。全体的なトーンは重厚で、フセイン大統領存命時の恐怖に支配されたイラク政権の雰囲気も(リアルかどうかは別にして)「ああ、こういう感じだったんだろうな」と納得させてくれる。誰もが多少なりともあの頃のイラクを知っているおかげで、面倒な説明描写がなく物語がテンポよく進む。見終わって短いと感じたほどだった。

湾岸戦争時の描写は、初めてイラク側から見た様子が描かれるかと期待したが、それほど克明な描写はなく、あくまでサラっと流した程度。ウダイが叫ぶイデオロギーや中東におけるイラクという国の立ち位置なども表面をサッとなでただけで、あくまでも狂気の男ウダイの描写に終始している。また各エピソードも予算の関係だろうか同じセットの繰り返しも多く、ロケもほとんど限定的だ。これほど小奇麗に脱色された映像ではなくもう少し本物っぽさも感じさせてほしかった。

さてこの作品にはアメリカで公開された当時から一貫した批判が行われている。それはウダイを徹底的に悪く描くことで「ほら、だからイラクを潰しておいてよかったでしょ?」というアメリカの独善的主張が強化されるという批判だ。つまり「イラクは悪者でアメリカは正義の味方」というバイアスがかかりまくっているのではないか、ということだ。

たしかに一面ではそういう見方もできるが、じつはこの映画、アメリカ製ではなくベルギー製だ。撮影もイラクではなくマルタで行われたそうだ。それは別にしても、バイアスというものは逆にもかかるし二重にかかる場合もあるので、あまり短絡的に結論付けないほうがよい。

たとえば、マイケル・ムーア監督の「華氏911」が公開された当時はブッシュのアホっぷりにドギモを抜かれたものだが、その後オリバー・ストーン監督の『ブッシュ』を観ると「う〜んブッシュも人間としては魅力的だしそんなに罪深い男でもなかったんじゃないか、頭が悪かっただけで」と思えてくる。普通の人間の反応ってたぶんその程度のものだし、見方なんて揺らいで当然だ。

ブッシュはアホでアメリカは大罪を犯したという見方もあれば、フセインの独裁政治に幕が引かれたことを喜ぶ民衆もいる。中東の独自性を尊重する考えもあれば、中東の安定(=資源の安定供給)ばかりを願う考えもある。物事にはいろいろな見方がある。ただ米軍がウダイを殺害したのは正しかったのだろう。もちろん、あくまでウダイの悪行が本当に一切のバイアスがかかっていない真実であるならば、だが。

<Raiting>
なかなか興味を持って観に行くという気が起こらないかもしれないが、なかなか面白い作品だと思う。まあこれといったド派手な映像があるわけでもないので、DVDレンタルでもいいっちゃいいんだが。


<Trailer>


あー
テーマ:映画館で観た映画
デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−@ぴあ映画生活

評価:
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 800
(2000-10-13)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック