calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

総選挙記念! DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?



いよいよ始まった第3回総選挙に各媒体が沸き返ってる現在、AKB48の劇場映画作品を観てみた。

監督は岩井俊二。彼がどれだけ現在最強のアイドル軍団の深層心理に迫れるのか期待していたのだが、YouTubeにいくらでもあがっている動画と内容的には大差なかった。これではコアなAKBヲタといえども何度も映画館に足を運ぶのは無理だっただろうと思う。

実際YouTubeで彼女たちの生々しい素の振る舞いが見られる状況の中で、あくまでドキュメンタリータッチ風の取り澄ました映像と内容では、お金を払ってまで観る価値はない。また作中の人選が見慣れた選抜メンバー数名という布陣では、新たな発見を見出すのも難しい。

というわけで、AKB48のファンであればあるほど観る必要のない作品となってしまった。また、彼女たちを”大雑把に知っとこう”という人たちにとっても、AKB48の本質的な面白さはあまり感じられないだろう。AKB48の面白さを簡単に体験したいなら、YouTubeでライブ映像を中心に「ネ申TV」とか「組閣祭りメイキング」とか「秋祭り」などを見るといいと思う。

AKB48を含め、アイドルに浴びせられる批判で一番多いのは「たいしてかわいくもないし歌もうまくないのになんでこんなやつらが人気あんの?」というものだが、ルックスや歌唱力が正当に評価されてそれ相応の人気が出るなんて世界でもないことは周知のこと。どうせ消費され忘れられていくのを分かっていて刹那的に楽しんだモン勝ちなのがアイドル鑑賞というもので、ことさらこういうブームや現象に目くじらをたてるものでもないと思う。

ってことで、総選挙も普通に楽しもうと思っている。前田・大島のトップ争い、柏木の躍進、ダークホース指原、宮沢&高城のメディア選抜争い、珠理奈の末脚ぶり、など速報分析だけでも面白かったので、本番に期待!

<Raiting>
冒頭の揺らいで霞んでふわふわしている映像は岩井俊二独特の映像美だが、AKB48という素材とは相性が悪かった。おしゃれに美しく撮っても彼女たちの面白さは引き出せない。岩井俊二の表現したい世界観という意味ではアリかもしれないが…。少なくとも“ドキュメント”ではなかった。蜷川実花のPVのほうが何倍もインパクトあった。


<Trailer>


テーマ:DVDマニア
あー
DOCUMENTARY of AKB48 to be continued@ぴあ映画生活


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック