calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

チェリー・ボムあれこれ

前回取り上げた『ランナウェイズ』の演奏シーンでも最高の見せ場となるランナウェイズの大ヒット曲『チェリー・ボム』。

サントラ版聞いたり昔の映像をYouTubeで見たりしてたんだけど、やっぱかっこいいなーと再認識。サントラのほうはダコタ・ファニングとクリステン・スチュワートによる新録で、サウンドの切れ味や音圧はオリジナルよりはるかにクオリティが高い。

でも本家の切羽詰ったようなギリギリ感溢れるパフォーマンスも凄い。とくにヴォーカルは圧倒的にシェリー>ダコタだな。

クリステン・スチュワートのジョーン・ジェットなりきり度も凄いと思ったけど、よく見たらリタ・フォードのソックリぶりのほうが凄かった。これ似すぎだろ。シェリーと仲悪かったのもホントなんだろうな、きっと…。

というわけで、以下あれこれご紹介。

本家ランナウェイズ日本公演での『チェリー・ボム』


ダコタ・ファニング&クリステン・スチュワート版『チェリー・ボム』。線は細いんだけど映像もかっこいいし、これはこれでかなりいい!


ジョーン・ジェット版『チェリー・ボム』。これもいいね。ジョーン・ジェットはカッコいい映像が山ほどある。


ダコタ・ファニング&クリステン・スチュワートのインタビュー。クリステンに負けず劣らず、ダコタ・ファニングも可愛いなー。


こういうラフな感じもいいね。


こっちは大人になったシェリー・カーリーとジョーン・ジェットのインタビュー。すべてを克服した末にこうやって一緒に話しできる仲ってのは嬉しいよね、こっちとしても。


チェリー・ボムつながりで、予告編の出来が凄かった『ハリポタ』のロン・ウィーズリー役ルパート・グリント主演作『チェリーボム』(ちょと強引か…)。


この映画、日本のファンサイトの尽力で公開が決まったというが、進捗状況はどうなってるんでしょうか?
http://www.cinematoday.jp/page/N0020027

あー

評価:
Joan Jett and the Blackhearts
Blackheart Records
¥ 895
(2010-03-09)

評価:
Lita Ford
Sbme Special Mkts.
¥ 589
(1988-02-02)


コメント
はじめまして。
リタのそっくりぶりに注目していたのは私だけではなかったと思い
嬉しくなり、簡単ではありますがコメントを残させて頂きました。
あとでゆっくりブログを見させて頂きます。それでは〜☆
  • aka
  • 2011/05/16 9:11 PM
akaさん、コメントリガとうございます。
こちらもブログを読ませていただきますね!
  • hagacube
  • 2011/05/17 2:49 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック