calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

劇場版SPEC 〜結(クローズ)〜

maxresdefault.jpg

そろそろ上映も終わりかなと思って、劇場版SPEC 〜結〜の『漸ノ篇』と『爻ノ篇』を一気見してきた。

テレビドラマ版の放映時からずっと見てきたシリーズの完結編だけに数々の謎が解けて、積み残った矛盾やつじつまの合わないところは自己解釈で乗り切って、まあまあこれでよかったのかな、と思える作品だった。

”身近”なところで起こる”すごいこと”が、最終的にはなにやらとてつもなく大袈裟な話に(取ってつけたように)変化していくというのは、あの「少林少女」の悪夢を思わせたのだが、さすがに堤監督はレベルが違ったようで、SPECという作品の面白さの根幹を失わずに、巨大な風呂敷をなんとか畳んでくれたようだ。

戸田恵梨香をフェチ的に好きな身としては、何時間でも戸田恵梨香を眺めていればそれで満足なのだが、それにしても『爻ノ篇』はいくらなんでもやりすぎの感が…。お金をかけて大きなセットを組んだのはいいけど、だからといって上映時間の殆どをそのセットだけで、あとは延々とCG映像と長台詞が続くのには辟易した。

とはいえ、『ケイゾク』(1999年〜)を含めると15年に渡る物語をなんとかまとめあげたのは、軽薄で安易で糞みたいな作品が溢れかえる邦画の中では相当な偉業だと言える。

自分を犠牲にして無間地獄に落ちた当麻を唯一感知する瀬文というラストシーンは長い長い物語のラストシーンとしてはハッピーエンドだが、こちらとしては強烈にキュートな当麻というキャラクターにもう会えないのか…ということがとても寂しく感じられた瞬間でもあった。戸田恵梨香が今後の女優人生で当麻以上に魅力的な役柄を作り出せるかというと可能性は低いように思う。もちろん、そういう役をひとつでも手にできるという事自体、物凄い才能なんだけど。

<Raiting>
パラレルワールドを扱った過去作やマトリックスを始めとする傑作SF作品などの影響が大きく、プロット自体は古典的とさえ言えるようなものだったが、多彩な役者陣、戸田恵梨香&加瀬亮の黄金コンビ、鑑賞者の各キャラクターへの思い入れによって、SPECファンには納得の作品になったのではないだろうか。
星星星★★

テーマ:映画館で観た映画

ゼロ・グラビティ

img_1062510_32294532_0.jpg

話題のゼロ・グラビティ、大傑作との呼び声も高いが、確かにすごい作品だった。これぞ映画館で観るための映画!

これまで3D映画については常に悪感情を持って論評してきたが、この作品に関しては、キャプテンEO以来、本当に意味のある3Dだった。次来るぞ!と分かってても何回も目閉じたもんね。

アルフォンソ・キュアロン監督といえばパンズ・ラビリンスやハリポッター、アクション映画長回し部門のNo.2トゥモロー・ワールド(No.1はトム・ヤム・クン!だ)、そしてオレ的ベスト10に常に入ってくる大傑作「天国の口、終りの楽園」と、素晴らしい映画をガンガン撮っている偉大なメキシカン。

そんな監督が1億ドルもつぎこんだ!内容までちまちま書かないけど、とにかくものすごい映像とシンプルでストレートなストーリー、91分という適度な長さで、見事な映画となった。

まあしかし、極端なローアングルで撮るサンドラ・ブロックのラストシーンは不屈の人間賛歌というより、巨人化した新人類の誕生のように見えて、ここまで大袈裟じゃなくてもいいんじゃない?と思ったけど、この極端さの表現のために全てはあったということなんだろうね。

宇宙物理学的にどこまで正確なのかは分からないが、とにかく今回もアルフォンソ・キュアロン監督は裏切らなかった!ということだ。

清州会議


今朝深夜上映で話題の「清州会議」をみてきた。

好きな役者がたくさん出てたけど、まあまあだった。清州会議という題材をダイナミックに再構築したわけでも、抱腹絶倒笑いが止まらないお話にしたわけでもなく、役者の力量だけで乗り切った、みたいな作品だった。

三谷監督の作品ってまあいつもこんな感じだけど。

大泉洋は適役だったが、いつ極限まで弾けるのか!と期待してみてるうちに、大して何もなく終わってしまった。

でも邦画としてはレベル高いので…
星星星★★
 
鉛筆あー

アイドルを何から語るかどこから見るか!!??<その1>

Podcastを聴いてたらタマフルのサタデーナイトラボで面白い企画をやっていたのでピックアップ。

内容は「良質なアイドルソング特集」と題して、完全在宅主義ヲタ(コンサート等に行かないアイドルファン)で有名な「Base Ball Bear」の小出祐介が個人的に選んだベストアイドルソングを紹介している。

小出祐介氏はハロプロでアイドルにハマったそうで、アイドルの一側面(楽曲評価)を強調しすぎる部分もあるが、ミュージシャンとしての細やかな視点は相当面白かった。小出氏の2012年ベストアイドルソングNO.1は乃木坂46の『制服のマネキン』だとのこと。

ちなみにBase Ball Bearはこんなかんじのバンド↓

『初恋』(Base Ball Bear)



以下、小出氏による選曲の紹介。

 『POP SONG 2U』(Tomato n' Pine)


惜しまれつつ解散してしまった『Tomato n' Pine』は楽曲の良さで評価されたグループ。プロデュースはアゲハスプリングス。さんまのヤンタンで長らくアシスタントをつとめていた”あの玉井健二”が代表を務める売れっ子プロデュース集団である。


 『One Love』(Fairies)


イントロもアウトロもなくすぐ終わるところがいい!と小出氏。ファンがExtended Ver.を勝手に作りたくなるような、もうちょっと聴きたい感が秀逸だというので、探したらすでにあった(笑)。Fairiesの素晴らしい曲とパフォーマンスは確かにナメられない。


『iの奇蹟』(ひめキュンフルーツ缶)


愛媛の地方アイドル。アイドル界のアジカン(小出氏)という2000年代J-ROCKのアイドル解釈版とのこと。アプローチとしてはありがちだけど、はみ出し方が尋常じゃない。


『悲しきヘブン』(℃-ute )


ビジュアルもパフォーマンスも超一級品なのにブレイクしない型アイドルの代表『℃-ute』の19thシングル『会いたい 会いたい 会いたいな』のカップリング曲。天才型歌姫”鈴木愛理”とダークホース”岡井千聖”によるダブルボーカルは、アイドル版”Public EnemyのParty for Your Right to Fight"(宇多丸氏)。”踊ってみた”で本物のアイドルの別格感&凄みを見せつけた岡井ちゃん大フューチャーの1曲。℃-uteはつんく♂の元を離れればどれだけ伸びたか…いまさら遅いが。


 『制服のマネキン』(乃木坂46)


小出氏の分析、特に「恋愛禁止条例へのアンサーソング」という歌詞分析を聞くと確かに納得出来るのだが、南流石の振付が圧倒的にかわいくないので個人的にはイマイチ。ただ曲作りは物凄くレベルが高い。

※オレ的乃木坂NO.1ソングは『ハウス』↓



「ナイトライダー」(エスペシア)


掟ポルシェ大絶賛のバブルサウンド&ケバいビジュアルが特徴の異色アイドルグループ。Jazz Funkの匂いもあり夜遊び感もあって”おっさん殺し”(宇多丸氏)。東京女子流が変な方向にぶっ飛んだ感じがあって面白いが、ここまでいくとちょっと一般層との乖離が大きく、コアヲタ特有の狭いところを掘っていく感じが強い。でもサウンドはそうとう本格的。


『チョッパー☆チョッパー』(アップアップガールズ(仮))

ハロプロを擁するアップフロントエージェンシー所属のグループ。ハロプロエッグを首になったメンバーで結成されておりハロプロには所属していない。スキルと底力がすごくある(小出氏)。圧を感じるほどの熱気を帯びた高速BPMが特徴(歌丸氏)。苦難の道を歩んでるとはいえ、つんく♂プロデュースを逃れられたことは幸運でもあると思う。

小出氏の良いアイドルソングの定義は「本人のキラキラ感と楽曲のキラキラ感の一体化」。キラキラ感ってなんだ?ってのはまた人によってさまざまな解釈があるわけだが、結局はいい曲じゃないとだめだよね、という結論は素直に同感する。曲のフックが弱くて全然売れなかったアイドルや女優やタレントやグラビアアイドルは掃いて捨てるほどいるし。

可愛いだけじゃやっていけないのがアイドルであり、可愛いことが成功の約束手形でもないのがアイドルの難しいところ。逆にそれほど可愛くなくてもトップアイドルになれる人間もいるのがアイドルの面白いところでもある。

ついでに、今日のオレ的アイドルソングNO.1はSKE48の『オキドキ』。イントロのキックのサウンド&タイミング、振付のシンクロ感だけで満点!


あー


脳男

脳男

原作は未読。劇場予告だけみた状態で鑑賞。

予告ではけっこう面白そうだったので、それなりの期待はもっていたのだが、予告を超えない出来というか、はっきり言って映画としては酷い出来の作品だった。

脳というデータベースには膨大な情報が瞬時に記憶されるが自発行動が一切できない、という障害を持つ子どもが殺戮マシーンとして育てられ、極端に偏向した正義というプログラムを遂行するというストーリー。これ自体はとても面白いと思う。

主演の生田斗真は動きやビジュアル面も含めて独特の個性を発揮していたし、撮影も日本での限界によく挑戦していて西部警察並みには爆破シーンなども頑張っていた。

しかし映画としての詰めがとことん甘くて、どうしても作品に入り込めない。魂は細部に宿るというが、まさに細部が適当で薄っぺらいために、本筋の良さが根こそぎ失われてしまった。

冒頭のバス爆破のシーンから酷い。松雪泰子がタクシーの屋根越しに爆破を見て被害者の子どもに駆け寄るというシーケンスだが、バスの扉が閉まって乗り損ねたおかげで運良く爆破に巻き込まれなかった、という流れが雑すぎ。

まず、バスは出発前に乗客が駆けよればドア開けるよ電車じゃないんだから。まあいいや、で、爆破で死ぬ子どもたちが窓から松雪泰子を小馬鹿にするのだが、これがもう”僕たち死にますよ”フラグがあざとすぎて冷めることこのうえなし。まあいいや、で、ものすごい土砂降りのなか全身びしょ濡れ(つーかもうプールに飛び込んだぐらいの濡れっぷり)になりながらタクシーに乗り込むんだけど、こんな雨の中、駅のタクシー乗り場から乗れよ、しかもこんな雨の中あんな場所で客待ちしてるタクシーなんかいないっつーの、そもそもあんなに濡れてまでタクシーに乗るか?少し待つだろ。まあいいや、で、案の定バス爆破が起こって子どもが燃えながらふらふら歩いてくるのを抱きしめて『だれか救急車をー!』って何度も叫ぶ、セカチューみたいに。もうこういう描写飽き飽きしてるし、ヒロイン気取ってないで自分の携帯で救急車呼べよ、そのほうがずっと早いだろ…。

冒頭のワンシーンで、こんなに何度もため息をつきながら”まあいいや”と思わなければならない作品ってなかなかないと思う。

こういう描写が最初から最後まで、とことん細部にわたって繰り広げられる。会話シーンで相手が言い淀んでもいないうちに「続けて」とやけに性急なテンポでつなぐかと思えば、逆に脳男の過去を語るシーンではダラダラと眠気をもよおすほど退屈な編集になってるし、全部取り上げてたらキリがないほど、とにかく細部への気配りが圧倒的に不足している。

それと俳優陣も酷い。常々思っているのだが江口洋介という役者は自分の演技プランを組み立てるとか、監督と役柄や台詞について話し合うとかあるのだろうか?「志村うしろ〜!」じゃないんだから、「黒田は凄いんだ」「黒田はな」「黒田って男はな」ってもうギャグだろ。黒田これから死にまーすって何回宣言すれば気が済むんだよ。普通なら監督に「これおかしくないすか?」とか進言するだろ。そんなことも言えないならテレビタレントだけやっとけ、と言いたい。

松雪泰子はどうせいつもの松雪泰子だろうと思ってたから期待もしてなかったが、それにしても夏八木勲、石橋蓮司、二階堂ふみ、染谷将太らも全員類型的すぎて最低の仕事っぷりだった。ほんと幻滅した。

しかし、シーンの組立も編集も俳優の演技も最低ということは、やはり監督の手腕が最低だということだ。職人的な瀧本智行監督にしてこの浮ついた仕事ぶりはなんなのだろうか?手堅い仕事が個性だったのに派手で新しいことを望まれて苦し紛れにやってみたら全然出来なくて超絶ダサい仕上がりになってしまったってことなのか?

結局、すべてのシーンについて、ある結果を見せたい、あるカットを見せたいばかりで、投手で言えば「球を置きに行く」ような演出ばかりになってしまったように思う。観客側に筋立てを追う楽しみが全くなく、予定調和の結果だけを提示されるのは、いくら映画好きでも退屈極まりない。

テレビ局が製作について予算も大きくなった時点で、瀧本監督が自由にやれる環境はなくなってたのかもしれない。そう思うことにして溜飲を下げよう。

<Raiting>
生田斗真の良さがすべて出し切れなかったのが惜しまれるし、染谷将太&二階堂ふみコンビも無駄遣いになってしまった。監督取っ替えてシナリオをもっとコンパクトにしただけで、今の100倍くらい良い作品になると思う。話そのものは面白いと思うし続編への期待感はある。

ゼロ・ダーク・サーティ(Zero Dark Thirty)

ゼロ・ダーク・サーティ

世界を駆け巡ったビン・ラディン殺害のニュース。その結果に至るまでの10年の捜査と特殊部隊による急襲シーンまでを丹念に追った作品。監督は『ハート・ロッカー』でアカデミー賞を受賞したキャスリン・ビグロー監督。

9.11のアメリカ同時多発テロ事件の首謀者とされ、それ以前のアメリカとの関係やサウジとブッシュ政権の癒着など、真偽入り乱れた情報が錯綜したビン・ラディンという人物。彼はイラクの大量破壊兵器の査察から開戦まで突っ走るアメリカにとっての”正論”を唯一補強する存在だった。

その最重要人物ビン・ラディンを驚くほどの執念で追い続け、ついに居場所を特定するのがCIAの女性捜査官マヤ。彼女は拷問を主とした捜査方法に最初は抵抗を感じながらも、仲間が殺されたことを契機に取り憑かれたようにビン・ラディンを追い続ける。

本作は、ほとんどマヤの一人舞台といった内容だが、ジェシカ・チャステインが華奢で聡明な捜査官を見事に演じている。

アメリカが威信をかけ、膨大な時間と資金と人間を費やしてたどりついたであろうビン・ラディン発見というミッションを、映画では彼女一人の功績として集約させて描いている。その大胆な構成を荒唐無稽に感じさせないジェシカ・チャステインの演技は素晴らしいの一言。彼女の存在感、演技の深みが本作に迫真性を与えている。

上映時間のほとんどが派手なアクションを排した情報戦で、ややもすれば地味なシーンが続くのだが、目を離す隙もないほどの緊迫感が画面から溢れ出ていて、最後まで一気に見せる。

ラストのアメリカ軍対テロ特殊部隊による急襲シーンは凄まじい。まず、ヨルダンに作られたというセットが素晴らしい。そして部隊の動き、爆破シーン、殺害の様子など、怖いほどのリアルさで迫ってくる。映画を楽しんでいるというよりも、自分が現場に入り込んで恐怖を肌で感じているような錯覚に陥る感覚だ。

ビン・ラディンを捕縛ではなく殺害するというミッションの理由付けを、作中ではマヤの仲間を殺されたことへの怒りをとして成り立たせていたが、実際にはどうだったのか。真相はまた別のところにあるのだろう。

<Raiting>
本筋とは関係ないが、相変わらずカメラワークがいい。アングル、構図、ボケ味を強め主体を浮き立たせるカメラの作り出す絵は、どのシーンを切り取っても1枚の写真として残したいほど素晴らしい。作品は監督の技量、構成、俳優陣の演技を含めて、きわめて精緻に作られた第一級の作品だ。


<Trailer>


あー
テーマ:映画館で観た映画
ゼロ・ダーク・サーティ@ぴあ映画生活

| 1/28PAGES | >>